Message
会社概要
ご挨拶
沿革
概要
組織図
グループ力
スナップは人と人とを繋ぐ


とめぐ 【留(め)具】
* 離れたり動いたりしないようにとめる器具
 
提供元:「大辞林 第二版」凡例

留め具と言う機能を持つ弊社のルーツ商品
それがスナップなのです

スナップが開発された目的でもある基本的な機能は
「二つのパーツを動かないようにとめたり、動くようにはずしたり
それを自由に行えるようにすること」
なのです

物理的な意味でも
この機能がなければ人は自由を享受できません

とめたままでは自由に動けないでしょう

はずれたままでは邪魔になるかも知れません

好きなときにとめて好きなときにはずす
この当たり前の機能を確実にそして簡単に与えてくれるのが
留め具であり弊社のスナップなのです

留め具の存在意義をもう少し広げて考えて見ましょう

今世界には多種多様な機能が満ち溢れています

夫々の機能が優れたものであっても
複数の機能を結びつけることによって
新しくよりすばらしい機能を生み出すことが知られています

そんな時にこそ留め具が重要な役割を果たします

留め具がなければ生まれなかった機能
留め具があったからこそ生まれたアイディア

そんな留め具の中でもスナップは
生まれてから100年以上も基本的な姿が変わらない
と言う長い歴史に裏付けされたユニークな商品です

スナップの品質を支えているのは
Gondolaの60年を超える長い歴史と
日本では唯一のメーカーであると言うプライド
そして圧倒的な技術なのです

Gondolaはスナップの持つ留め具と言うユニークな機能を
あらゆる分野に広げて行きたいと思います

このコメントをリリースするタイミングで
日本でiPadが発売されました

iPadの可能性は無限だと言われているようです
これからも無数のアプリケーションが開発されていくでしょう
今までには考えられなかったような使い方もどんどん生まれるでしょう

こう考えてみると
iPadも複数の機能やアイディアを結びつけたことによって
生まれた商品だとも言えます

機能と機能
アイディアとアイディア
それらを結びつける

これはまさに留め具の機能と同じでは?

そしてとめたりはずしたりするのは人間です

だから
スナップは人と人とを繋ぐ
そう信じています


Gondolaが目指す場所・・それは世界

60年の歴史の中で
Gondolaは日本において既に「Only One」になってしまいました

日本ではもうやるべきことが残されていない
そう考えて上海での生産をスタートしました

スタートしてから僅か数年で
Gondolaは中国でもリーディングサプライヤーになったと自負しています

GondolaのルーツであるFashionの世界では
Globalな均質化が加速しています

Zara、H&M、Forever21
そして日本からはUNIQLO

商品がどこで作られたか?
その商品がどこで売られるのか?
国籍や人種は全く意味がありません

日本で生まれたGondolaは
生まれた瞬間からGlobalな体質がありました

社名そのものが
イタリア、ヴェニスにしかない船の名前なのですから!

上海の次はどこへ?
2010の時点では全く判りません

でもこれだけは判ります

2年後3年後にはGondolaの工場も事務所も
世界中に広がって居るはずだと
スタッフの国籍は無関係になって居るはずだと

日本で生まれたGondolaは世界のGondolaにならなければならないのです!


片山 進司
ゴンドラ商事株式会社 代表取締役社長



(C)Copyright 2010 - 2018 All rights reserved.